家づくりガイド&アドバイス

■家づくりの注意点とワンポイントアドバイス

家づくりの計画から完成までのチェックポイント
資金や登記についても記載しています
→こちらから

 

2世帯住宅の注意点とワンポイントアドバイス

トラブル事例を含めたタイプ別の比較、2世帯住宅の注意点とアドバイス
名義、融資、税金についての基礎知識
→こちらから

 

■建築士と、ともにつくる家づくり

設計事務所による家づくりの内容やメリット

設計事務所に頼むと高くつく?
工務店や住宅メーカーの方が気楽で信頼できる?
設計事務所の業務内容って?
設計料って?
 ・・・そんな疑問にお答えしています
→こちらから

 

■よろず話

ひとまわりできる家:様々な利用形態や変化に対応できます。

子供部屋の位置:子供の非行や要因のひとつに、私は今日の住まいの「間取り」があると考えています。

収納:片づけやすい家、すっきりと住まう家。

床暖房とフローリング:近年の床暖房の普及には著しいものがあります。床暖房は優れた暖房形式ですが、これについての注意点です。

外断熱:コンクリートのような蓄熱体があって、断熱材をその外気側とするか室内側にするかということで、その効果を考えてきたものです。

高気密高断熱:シックハウス問題も、高気密高断熱化する今日の住宅の造られ方に問題の一因があるといわれます。

内外装の素材:石油化学製品は用いず、主に塗り壁や木を主体としています。

外観、インテリアについて:最も手掛かりとし意識していることは、その建物が建つ土地の「場所性」です。

地震に対しての家づくり:建物に被害がなくても、人が安全でいられなければ意味がありません。

長持ちする家づくり:耐震性能ばかりでなく、「耐久性」も非常に重要な要素です。

高齢化対応の家づくり:福祉住環境整備としての観点からの家づくりを提案していきたいと考えます。

建て主のための家づくり:最大のメリットは「建て主の立場に基づく設計監理が行われることです。

手の跡:住まいは、人がいちばん快適で心休まる時間を過ごせる場所です。

セルフビルド:文字通り、建て主の方が工事を行うものです。

家相:自然の摂理や外敵対策などに基づく先人の知恵であり、学ぶ点が多いのは確かです。