建て主のための家づくり

 

建築士とつくる家づくりの最大のメリットは、「建て主の立場に基づく設計監理が行われること」です。
設計者にとっては、これが存在意義であり、使命と考えています。

契約を急ぐことなく、特定の施工業者やメーカー、工法や規格に限定されずに、
「お互いが納得できる家」として家を造ることも役割でありメリットのひとつです。

更に監理においては、工事内容や建築費、施工者選定時に関して建て主の立場でチェック、
財産を無駄なく有効に活用するサポートをします。

当方ではこの設計から工事監理までを同じ担当者が完成まで通して行い、建て主との関係を建物完成まで維持しています。
これらが住宅メーカーや工務店による家づくりとの最も大きな違いであり、建て主さんの要望に応えうる最善の家づくりの体制と考え、設計活動をしています。