家相について

 

たまにではありますが、家相についても相談を受けます。
家相のついては、私は、決して多くの専門知識を持っているわけではありませんが、これに対する私の基本的なスタンスをご説明させて頂きます。

家相というのは、自然の摂理や外敵対策などに基づく先人の知恵であり、学ぶ点が多いのは確かです。
例えば、「北東の出入口は凶」というものがあります。
これは、冬の北風によって、枯れ葉や埃、更には雑菌が家に侵入するのを防ぐべきだというものです。
また「南東の池は凶」というものがあります。
これは、夏の高温多湿な時期に、家や土台の方向に湿気を持ち込む造りとすべきではない。
不快であるばかりか家を腐らせるというものです。

これらの例からみる通り、家相は、そのほとんどのものにその理由があります。
このようなことから、これらに対する対応ができていれば、或いは、その理由からはずれるものであれば、
家相は決して言葉通りではないというのが、私の見解です。

上記の例で言えば、コンクリートの住宅で夏場は完全空調で過ごす家であれば南東の池も「有り」ということになります。
これは少し極端な例だったかと思いますが、家相ができた時期は、今のような水洗などの給排水方式ではなかったはずですので、
現在と基本的な前提条件が異なる場合も多いのです。

家相については、見る本によって違うことが書いてある場合もあります。
これは解釈の違いや、家相のルーツと言われる中国からモンゴルにかけての家相、日本における家相などの違いによるものもあるようです。
つまり、家相を気にする場合には、その意味と内容を理解して...というのが私の基本的なスタンスです。