山梨の家

山梨の家 ~薪ストーブのある週末住居~

地方都市の郊外に立地するこの家は、豊かな自然を背景に
自然との共存を感じながら家族が癒され、リフレッシュできる家が求められたものです。

そこで、小住宅であっても機能的で快適に暮らることができると同時に、都会では味わえない
平面的開放性のある家とすべく平屋として計画、オープンな空間づくりとしました。

<外観>
この写真は、建物完成後20年以上が過ぎた2016年の写真です

<平面図>
南に遠く富士山を望む傾斜地にあることから、
全室を南に面するように配置。
居間の前には各室をつなぐ大きなテラスを設けました。


<玄関ポーチ>
深い軒がかかる広めのポーチです

<リビング、ダイニング、キッチン>
キッチンから食卓、居間、和室1を望む:手前のキッチンは、
水に強い栗の木の中に特注のシンクをはめ込みました。
食卓は、座った時にキッチンに立つ人と目線の高さが同じになります。
掘りごたつ状にした縦長の畳と無垢板の大テーブルが、この家の中心です。

和室側より居間、食卓、キッチンを望む:平屋でありながらも
居間の天井は約3.5m。縦長のゆったりした空間です。
冬の夜は薪の暖炉の前に家族が集まります。

暖炉:シンプルなデザインの薪の暖炉。メトスカミン暖炉です。

<外観>
南側外観:杉板張りの外壁とヒバ材のテラス
(竣工当初は寂しかった前庭も、今は最上段の写真のように緑でいっぱいです)

富士山を望む南テラス:天気のよい日には、食卓テーブルを置いたり、
布団を干したり、利用価値の高いテラスです。

建築データ

所在地
山梨県北巨魔郡
主要用途
戸建て住宅(週末住居)
構造・構法
木造(在来軸組、垂木構造)
基礎
鉄筋コンクリート布基礎+独立基礎
規模
地上1階
敷地面積  841.5㎡(255.0坪)
建築面積  132.6㎡( 40.2坪)
延床面積   86.5( 26.2坪) 

工事費
 建築本体 1500万円(57.2万円/坪)
 外構     50万円

 
外部仕上
 屋根:アスファルトシングル葺き
 外壁:杉下見板張りの上、キシラデコール塗り
 開口部:木製建具、キシラデコール塗り
 テラス:ヒバ、キシラデコール塗り

内部仕上
 居間・厨房
  床:ならフローリング
  壁:PB リシン仕上げ
  天井:なら練付合板、クリヤラッカー塗り
 和室1・2
  床:畳敷き
  壁:PB リシン仕上げ
  天井:なら練付合板、クリヤラッカー塗り
 各所カウンター
  なら及び栗、無垢板 t:40
 暖炉
  メトスカミン、フリースタンディングタイプ