阿佐ヶ谷の家

阿佐ヶ谷の家 ~L型プランの家(部分共有型2世帯住宅)~

杉並区阿佐ヶ谷の住宅街に建つ木造の2世帯住宅です。

2棟の家が建っていた敷地を整理し、これまでよりコンパクトでありながらも2世帯がひとつ屋根の下でゆったりと暮らすことができるようにしたものです。

東側が道路に面して南北に細長くかつ充分な広さがある敷地条件から、道路に面する南東側に大きく南庭を設け、庭を囲んだ形でその北側に子世帯、西側に親世帯の住まいを配したL型プランの家です。

2階は必要最低限の諸室として、可能な限り1階のみで過ごすことができると共にご高齢な親世帯の様子が日常的に感じることができる家としたものです。

南庭に大きく面する一辺には、子世帯のリビングダイニング、もう一つの辺に親世帯のリビングダイニングと主寝室が面するものとし、その他の諸室はその裏手に配しました。
また、浴室の北側には北庭を設けています。

内部の仕上げは、ライム珪土や自然塗料、調湿タイル、無垢の床材等を使用し、健康素材、調湿性能を考慮しました。

<外観>
写真上:東側道路より南庭ごしに親世帯(平屋)部を望む
写真下:道路より子世帯(平屋)部を望む

写真上:道路の外観(玄関廻り)、庇、表札はガラス製
写真下:玄関アプローチ、床は玉砂利洗出し仕上


<子世帯>
玄関よりダイニングごしに南庭を望む


リビングダイニング:床は無垢フローリング、オイル拭き、壁はライム珪土厚塗り

リビングダイニング:枠なしの引き戸とトップライト

キッチンよりダイニングと南庭を望む

キッチン:正面奥は食品・雑品庫

<親世帯>

リビングダイニングより主寝室を望む;2室間の仕切りは上部ガラス欄間付きの引き戸で独立可能


主寝室よりリビングダイニングを望む;右手が南庭、その奥は子世帯リビング部の窓


主寝室(左)とリビングダイニング(右);ミニキッチン上部のトップライトより自然光がふりそそぐ明るい空

リビングダイニング;床材はクッション性のあるファブリックフロア

<玄関廻り、水廻り(共用部)>
玄関(右手)と階段(左手奥);右手引き戸の奥が玄関脇クロゼット

玄関脇クロゼット;玄関たたき部と廊下の双方から出入が可能なプランとしています

1階の洗面・脱衣・洗濯室

1階トイレ

<階段及び2階諸室(子世帯)>

階段室


たたみの間;子世帯の奥様の趣味室

子世帯の主寝室;壁は調湿タイル、床は冷たさを感じないファブリックフロア

寝室脇、ご主人の書斎コーナー

主寝室内の造付クロゼット

主寝室脇のウォークインクロゼット

<庭からの夕景>



建築データ

所在地
東京都杉並
主要用途
戸建て住宅(部分共有型2世帯住宅)
構造・構法
木造(在来軸組)
基礎
鉄筋コンクリートべた基礎(地盤改良:鋼管杭低振動回転圧入工法
規模
地上2階
敷地面積  203.01(61.5坪)
建築面積   90.01
延床面積  127.79(38.7坪)
 1階    86.94㎡(26.3坪)
 2階    40.85㎡(12.4坪)
       

工程
  基本設計 2005.11~2006. 3
  実施設計 2006. 4~2006. 7
  工事期間 2006. 9~2007. 4

敷地条件
  第1種低層住居専用地域、
  準防火地域、第1種高度地区
  道路幅員 4.5m、4.0m 
 

外部仕上
  屋根:カラーガルバリウム鋼板 
  外壁:弾性リシン吹付
  開口部:アルミサッシュ、木製建具(玄関扉、タモ本実板貼)
  外構床:青玉石洗出し(アプローチ)、イペ製デッキ組み、玉石敷込 

内部仕上
 リビングダイニング(子世帯)
  床:無垢フローリング(床暖房用)
  壁:ライムコートこて塗り
  天井:PB AEP塗り
 リビングダイニング(親世帯)
  床:ファブリックフロア敷き(床暖房有)
  壁:オガファーザー+デュプロン塗り
  天井:PB AEP塗り
 たたみの間
  床:畳敷き
  壁:オガファーザー+デュプロン塗り
  天井:PB AEP塗り
 主寝室
  床:ファブリックフロア敷き
  壁:調湿タイル貼り
  天井:PB AEP塗
 水廻り諸室
  床:フローリング(床暖房用)
  壁:カルクウォールこて塗り
  天井:PB AEP塗り