明るく風通しの良い家づくりの設計ノウハウ

暮らしやすい家づくりの為に
~自然光の採り入れ方・自然換気の手法(3タイプ)~

当事務所に設計のご相談や依頼を頂くほとんどの方が家づくりのご要望のひとつとして挙げられるのは
「明るく風通しが良い家にしたい」ということです。
住宅メーカー等のプランを提示されて「この窓の設け方で問題ないでしょうか」
というお話もよくお聞きするものです。

明るいインテリアや自然光を感じる家、空気が淀まない家の手法のひとつとして
窓の設け方がありますが、ここでは明るく風通しの良い家とするため、
家の基本構成の観点から、その手法を事例を挙げながら記させて頂きます。

窓の設け方に関しては、別のページにて記載していますので
こちら↓をご覧ください。
いいプラン(間取り)づくりの設計ノウハウ

都内の住宅地や都市部においては、採光上、問題のない敷地というケースは
ほぼあり得ないものでしょう。特に採光面で難しいケースとしては、
「旗竿地」「北側道路で南・東・西面には別の建屋が建っている」
「周囲がビルやマンションなどで囲まれている」といったものがあります。


このような敷地においては、もともと敷地自体の日当たりが良くないので、
単純に窓の設け方を工夫しただけでは日射しを採り入れる家にはできません。
一般的な対策としては、リビングやダイニング等、日常を過ごす場所を2階に設けたり
或いは3階建とするといった案がありますが、生活面でのデメリットも多いものです。

また、一般的な提案では、南側に吹抜を設けて採光をはかるというものが多いようですが
よほど奥行きのある吹抜でなければ部屋の奥まで光は届かないものですし、窓の掃除等は
どのようにするのか、といった点からはこれもデメリットが多いものです。


上記のような敷地にあっても、日射しが降りそそぐ明るい家とする為の手法を3タイプご紹介します。
3タイプとも当事務所では「天空光の家」と名付けている家です。

<タイプ1=光庭形式の家>
家の中央部に空からの光を直接採り入れる吹抜形式の光庭を設け、そこから庭に面する各室に自然光を採り込むようにする家です。
(実例としては「市ヶ谷の家」「羽根木の家」をご覧ください)

<タイプ2=光階段形式の家>
家の中央部に階段室を設け、階段を光や風を通す構造・仕上としてこの階段室の屋根に大型のトップライトを設けることにより、
家全体に日射しを導き、ここから換気をはかるものです。

吹抜を設ける面積的な余裕がない住宅で有効な手法です。
(実例としては「新井薬師の家(3階建)」をご覧ください)


<タイプ3=トップライトと吹抜の家>
木造住宅で最も採用することが多い採光スタイルです。
1階のリビングやダイニングなどの上部に吹抜を設け、その上部(2階の屋根)に大型のトップライトを設けることにより、
1階だけでなくこの吹抜に面する2階の諸室の全てにその光を導くという手法です。




また、このトップライトを開閉式とすることで、自然な空気の対流(煙突効果による自然な空気の流れ)が生まれ、
家中の自然な換気が可能となります。
(実例としては「宮坂の家」「杉並の家」をご覧ください)

なおトップライトは通常、電動、パンタグラフ式のもので、上下方向に開閉する断熱仕様のものを採用しています。
(よほど横なぐりの雨でなければ吹き込みはないものです) 

その他、天空光の家としてトップライトからの光を大きく採り入れた実例としては、
「練馬の家」「田端の家」「善福寺の家」という住宅があります。また
ハイサイドライトを大きく採り入れた実例としては「関町の家」という住宅があります。

上記の各実例は、こちら↓をご覧ください。
実例紹介ページ